不妊症のチェック・診断・検査方法とは!

サイトマップ

妊娠方法かんたん.comでは、本当に正しい妊娠方法と不妊症・無精子症治療法を解説しています。

不妊症のチェック・診断・検査方法とは何をするのか

何年も不妊症が続いているご夫婦や、流産ばかり繰り返してきた方たちにとって、不妊症のチェック・診断・検査を受けることは、ご自身の欠点があばき出されるようで、なかなかスタートする決心がつかないことが多いと思います。

人間の不妊症は必ずしも病気ではありません。特に、今日型の不妊症の原因のほとんどは改善可能な機能不全なのです。

また、ごく少数の絶対性不妊と診断される人たちにも、近年の生殖医療の技術の進歩が、明るい前途をひらいてくれるようになりました。

不妊症のチェック・診断・検査方法は、今「不妊」の状態にあるご夫婦について、その背景を、パズルを解くように考えていく作業のカギになります。そして、医療的にどのような治療を施せばよいのかを、医師と受診者の両方に示してくれます。

不妊症のチェック・診断・検査では、男性及び女性、そして性生活を持ったあとの両性間の精子の授受について検査します。

今日の医学のレベルで最小限必要と考えられている検査項目を一般検査と呼んでいます。項目数はそれほど多くはなく、能率よく進むと数回の通院(約1ヵ月)で終了できます。

これらの診断もなしに、基礎体温表だけを診て、すぐにホルモン投与を始めるような治療は誤りです。

一般検査で異常が認められた場合、その背景をもう少し詳しく知りたいときに行うのが特殊検査です。しかし、特殊検査の中にも、準一般検査といってよいほど、外来診療で簡単に行えるうえに、必要度が増してきているチェックなどがあります。

 >> 不妊症体質を根本から治してしまう方法

妊娠方法と不妊症治療・無精子症治療を解説!